前田敦子 - 前田敦子ちゃんを絶対応援するブログ

前田敦子ちゃんがパンツ丸見えの“お姫様抱っこ


「佐藤健はモテモテらしいですね。泥酔したあっちゃんを荷物みたいに淡々と運び、家まで送り届けると言う行為は、確かにモテ男がしそうなことだとおも居ます。そのままたらしこんでヤっちゃうわけでもなく、冷たくあしらうわけでも無い、有る意味で愛が無いスマートな対応。でも誰にでも優しくて誰にも熱くなれ無い男性は、結局誰とも幸せになれなかったりしますからね」

「あっちゃんは表情が少なくて、何をかんがえて居るのかよくわから無い感じだった。でも今回、『アイドルロボットじゃなくて、ちゃんと人間だったのね!』とおもいました。ストレスが溜まっていたのでは? 20歳そこそこの女の子が、よく頑張って居ますよ」

友美さん(32歳)も週刊文春を読んで、「あっちゃんくらいアホと言うかピュアな方が幸せになれそう」と感じた。

「友達以上恋人未満の男性とうまいこと恋愛が進まず、やけ酒をあおった経験は誰にでも有るのでは?」とは美和さん(37歳)。「佐藤健のあの抱っこの仕方は『やれやれ』って感じ。あっちゃんは佐藤健に振られちゃったんでしょう」と推測する。でも、恋愛にジタバタするあっちゃんに共感を覚えたとか。

元AKB48のセンターだった前田敦子さん(以下あっちゃん)が、佐藤健さん(以下敬称略)らと個室カラオケ店で“合コン”。さらに泥酔したあっちゃんが健の腕をつかんで号泣、パンツ丸見えの“お姫様抱っこ”をされて送り届けられる写真が「週刊文春」にスクープされた。
卒業して間も無いことから、ネットでは批判の声が渦巻いて居るが、独女たちの反応は「青春の一コマよね〜」と到って冷静だ。

「20歳くらいのころ、あっちゃんと同じようなことをやらかしたのをおもい出しました(笑)」とはモモエさん(29歳)。

「恋愛の駆け引きとしては最悪なパターンだから、AKB時代は本当に恋愛をしてこなかったんだなとおもいましたよ。ネットではビッチ扱いされて居ますが、もしそうだったら健にしがみついたりし無いでさっさと次の男とヤって居ますって。もしくはともに飲んでいたジャミールとやらとイチャついて、健をやきもきさせるとか(笑)。ヤケ酒するあっちゃんはピュア!」

「佐藤健くんって体温が低そうなのに、実は熱いところもいいし、色っぽい。あんな色気の有る男子とお近づきになれたら、あっちゃんじゃなくても狂っちゃうでしょ!」とは清美さん(38歳)。今回の件であっちゃんの印象がガラリと変わったそうだ。

「いくら“面倒な女”とおもわれようとも構わずに、酒に酔って号泣し、しがみついたあっちゃんは正直と言うか真っ直ぐと言うか……。『察してくれ』みたいなアプローチよりも、あれくらいストレートなほうが男性にも響きやうですね。あっちゃんに共感しつつ、たまには暴れてみようかなーなんておもいました」

中途半端に優しいモテ男に女は振り回される。MISIAも「優しい嘘ならいら無い」と言っていたが(『Everything』で)、佐藤健は罪な男で有る。

元彼とのスキャンダルを“芸のこやし”にしてしまった指原莉乃さんの方が、よほど肝が据わって居るのかも。

また、あっちゃんの熱愛発覚に本気でショックを受けたり憤ったりして居るファンの人たちに対しても「ピュアすぎる」との意見が。恵子さん(36歳)は「AKBの恋愛禁止と言うルールって、処女性にこだわりすぎていて好きになれ無い」と語る。

「男性は女性をそんなに美しいものと思ってくれて居るんですね(笑)。普通の女性がそんな彼らのおもいにまったく応え無いからこそ、彼らはアイドルに走るのかもしれませんが……。今はアイドルに夢中でも、だらしなくて、ぶざまな女を愛おしいとおもうような大人の男になってほしいなとおも居ます。そうしたら、その男性も、自分のぶさまなところを女の人に愛してもらえるのでは無いでしょうか?」

あっちゃんは女優としてとんだスタートを切ってしまったが、反面、共感を呼んだのも事実。これからの活躍に期待したい。(来布十和)

前田敦子ちゃん、仮免許試験一発合格おめ!

「最初にスッピンで出たときは、本人も『やばい、やばくないですか? 
本気のすっぴんですよぉ〜』なんて言っていましたけど、もうすっかり慣れて。

この番組は、他の番組収録や行事等の仕事が終わって、
帰宅してから車のなかでコメントを録ったり、出勤前の早朝に話を聞いたりしているので、
必然的にスッピンになるんでしょうね。

眉毛も書いていないのはさすがに衝撃的でしたが、早速慣れました。

それに眉毛さえあれば、目はくっきり二重だし口元はマスクで覆っているしで、
全然普段と変わりませんよ」(AKBファン)

 報道後も淡々と仕事をこなしている前田だが、
「完全終了w」と心ない中傷スレッドも頻繁に立っている。

最近では、彼女がレギュラー出演している関東ローカル番組『AKB自動車部』(フジテレビ系)
でのスッピン眼鏡姿をキャプチャし、「スッピンだと顔面が宮川大輔」と揶揄する声迄。

だが、まったく話題にならなかったが、7月から彼女はこの番組で「どスッピン」を晒し続けていた。

 アイドルから脱皮し、女優としての道を歩き始めたばかりの敦子ちゃん。

同世代には10代から演技力を磨いてきた実力派女優や、
敦子ちゃん以上の美貌を武器に活躍する女優たちがひしめいているが、
弱肉強食の芸能界で「エース」の座に就けるか。

撮影現場でのワガママぶりが聞こえてくることの多い敦子ちゃんだが、
支えてくれるスタッフや仕事相手に感謝してこそ評判が評判を呼び、
「いい女優」「また使いたい」との声も増えてくるというもの。

独立を急ぐより、目の前の仕事をきっちりこなすことが重要だろう。

 だがこうした順調な女優活動の一方で、
記憶に新しいのは「週刊文春」(文藝春秋)に泥酔し号泣する姿を撮られた「ケツ出し合コン事件」だ。

AKBの大島優子、仲川遥香と共に、俳優の佐藤健ら男性3名と個室カラオケで飲み会を開き、
泥酔した前田は佐藤にすがりついて号泣していたという。

これを男女関係のもつれと捉えるか、
単純に酔っぱらって酒癖の悪さが露呈したものと捉えるかは人個々だが、
いずれにしろ「清純派」のイメージに傷がついてしまったことは否めない。

「AKBのことはできればもう触れられたくないそうです。

黒歴史と迄は言いませんけど……(苦笑)。
『歌うのも踊るのも好きじゃない』としょっちゅうこぼしていましたし、
集団行動も得意ではなかった。今の事務所の売り方だと、
まだまだ“元AKB”の冠を外してもらえないと焦っているようです。

でも今の彼女は“元AKBのエース”だから価値があるのであって、
まだ女優として求められる存在にはなっていないんですよね。

それなのに本人はちょっと“錯覚”していると思います。
又、『文春』報道でちょっと疑心暗鬼になっているところもあり、
このままだと自暴自棄で何をしでかすか分からない、とも言われています。

悪い子ではないですし、与えられた仕事はきちんとこなせるので、
少し冷静になってほしいですね」(AKB関係者)

 こうした努力家の側面もあり、かつ女優活動には積極的に取り組む意向を見せている前田だが、
一部では「AKBも所属事務所も辞めて独立したい」と周囲に漏らしていたとのウワサが飛び交っている。

 今年1月に前田が成人式記者会見で「普通自動車の運転免許を取得したい」と発言したことから、
彼女の免許取得過程を密着放送する為に滑り出しした『AKB自動車部』。

人見知りと言われる前田だが、番組スタッフとは4月から頻繁に会ううちにすっかり打ち解けた様子。

彼女の飾らない素顔を見ることができる貴重な番組でもある。

そして22日の放送で、前田が「仮免許」取得の為の学科試験に一発合格したことが明らかにされた。

多忙を極める中、移動車の車内で必死に試験勉強を重ねてきたという前田。
ひとまず努力が実ったと言えよう。

 AKB48を卒業後、女優として本格的に活動開始した前田敦子。

9月20日に東京都内で開かれた第25回東京国際映画祭の開催概要記者会見に
同行事の広報大使として登場した前田は、司会者の「どんな女優になりたいですか」との質問に、
「素敵な滑り出しラインに立たせてもらっているので、どんな役にでも挑戦したいですし、
求められる女優さんになりたいです」と話した。

10月20〜28日の間に開催される映画祭の期間中、前田はアンバサダーとして国内外の俳優と交流予定で、
「とても楽しみ」だとコメント。

10月1日には、渡哲也と共演した特別報道ドラマ『強行帰国 忘れ去られた花嫁たち』(TBS系)も放送予定。

渡は前田について「聡明で素晴らしい」「演技は十分にできます、
本当に頭がいい」と絶賛。彼女の演技力に太鼓判を押した。


【送料無料】あっちゃん [ 前田敦子 ]

【送料無料】あっちゃん [ 前田敦子 ]
価格:1,200円(税込、送料別)

前田敦子ちゃんが出演する映画にトニー・レオンが主演



敦子ちゃんの演技を早くみたいですね。

濡れ場なんかないよね?

あったら、大変ですね。

ちょっと期待しているところもあるけどね..............

それにしても、この映画は本当に話題になってます。